熊本県教育委員会指定技能教育施設

学園のお知らせ・ブログ

自粛時間

学園のブログ| 水前寺高等学園

 新型コロナで色々な活動が制限され、また感染への不安を抱えての大変な日々が続いていますが、少しずつ明るい光が見えたような気もします。

学校もようやく開始しました。ずいぶん長いこと会えなかった生徒達ですが、背が伸びたり、髪型が変わったり、体格がほっそりしたり、がっちりしたり・・・。いろいろな変化が見られました。そして共通しているのは、どの生徒も柔らかい笑顔で、少しずつ成長していることを強く感じさせてくれ、とても嬉しい気持ちになりました。休みの分を取り返すつもりで、これからの授業に積極的に取り組んでほしいと思っています。

 さて、私も家にいる時間が増え、日頃は気づかなかったことに気づいたり、いろいろと実行したりすることが出来ました。

 窓の外に目をやると、木々が新しい枝をぐんぐん伸ばしています。光の中で若葉が瑞々しくキラキラと輝いています。

 昨年亡くなられた商業の先生から頂いた「アンネの薔薇」が沢山の花をつけました。頂いてからの5年間で、最高の数の花が咲き、まるで鈴なり状態です。昨年8月に亡くなられるまで、お見舞いに行くたび、「学校はどうですか。」、「生徒達は元気にしていますか。」と、いつも学校のことを気に懸けていらっしゃいました。沢山の大輪の花を眺めながら、「きっと今も、先生は学校を見守っていらっしゃるんだ。」という気がしてきました。

 薔薇の木の横には桜の木があります。17、8年前に500円ぐらいで買ってきて、70センチぐらいの苗木を植えたのに、今では2階のテラスに届くまでに成長しました。時間の重さを感じてしまいます。既に、毎年「今年も会えたね。」と思って眺める花の季節が終わり、今度は葉桜を楽しませて貰っています。

 そしてテレビを見ていると「さくら染め」のことが放送されていました。あの柔らかい、やさしい、えも言われぬ薄桃色は、花ではなく、幹の皮から生まれるそうです。あの茶色いごつごつした皮から生まれるなんて。桜の木は、本当に私たちに沢山の喜びを与えてくれます。

 色々なことを思い、体験した「自粛時間」でした。


学園ブログトップへもどる

通信高校生・高認受験生のためのコース紹介

  • 水前寺高等学園の学校案内パンフレット・募集要項の資料請求はこちら
  • 水前寺高等学園の授業体験、学校説明会、個別相談はこちら
  • 水前寺高等学園へのお問い合わせはこちら